予防する

様子を伺う

歯医者さんは痛い、というイメージを幼いころの経験から抱いているという方は少なくありません。しかし、近年では虫歯治療のために歯医者さんを利用するというのではなく、虫歯や歯周病といった病気予防のために歯科医院を受診するという動きが広まっています。それが予防歯科です。予防歯科として専門の診療科目を掲げる歯医者さんもありますが、一般的な歯科医院であればほとんどの場合虫歯の予防に対する処置を行ってくれます。 まずは予防歯科では、歯や歯茎など口腔内の状態を確認し、虫歯や病気の有無を調べます。同時に、日頃きちんと歯磨きができているかも見ながら、必要に応じて歯科衛生士さんなどによる歯磨き指導を受けます。こうした定期的な健診を続けることで、たとえ虫歯ができても早期治療が可能ですので、痛い思いをせずに済みます。

毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、実際は磨けていないということも多いものです。磨き残した汚れは歯垢や歯石として歯にこびりつきます。そして、そうした汚れがやがては虫歯や歯周病を引き起こすのです。すでにできてしまった歯垢・歯石を取り除くには、歯のクリーニングが有効です。歯にこびりついた汚れをきれいに落としてもらうと歯の表面がつるつるして爽快感があるほか、歯が白くなるという方もいます。 この歯のクリーニングは、歯周病の予防に効果があることから、健康保険が適用されます。負担額によって実際の費用は異なりますが、3割負担の方で大体3000円が相場です。もちろん、街中の歯医者さんで利用可能な施術ですので、歯の汚れが気になる方は、クリーニングを利用してみるとよいでしょう。

alt5番目