alt5番目
様子を伺う

予防する

最近の歯医者では、歯や口腔内の治療だけでなく、虫歯や歯周病などの予防をすることが目的な予防歯科があります。予防歯科では、正しい歯磨きの方法やケアの方法などを知ることができます。

この記事の続きを読む

エチケットブラシ

矯正の技術

近年、歯の矯正技術が向上してきています。それに伴い矯正を受ける人も多くなってきました。それに伴い今後は歯並びが悪い人が減ってくるでしょう。矯正治療で治療する方が増えるためです。

この記事の続きを読む

噛み合わせが悪い

定期的なメンテナンス

歯科に通院することは、もともとは治療という意味合いやイメージの強いことでした。ですが、今はそうではありません。快適な生活を守るための定期的なメンテナンスを行う目的で利用する場所です。

この記事の続きを読む

大きい口を開ける

予防の効果

歯科を利用する場合、虫歯が発生した場合以外にも、予防の為に歯科へと赴くことができます。予防歯科では、正しい歯磨きの仕方から歯の隙間にある歯垢や食べかす、更には歯石除去なども行います。

この記事の続きを読む

片づけをする

歯を失ってしまったため、インプラントを入れたいと思ってもそこに十分な骨がなければ入れることはできないのです。 骨がないとこに、外科手術で骨移植をして再生させる方法があります。 骨移植は、自分の骨か人口の骨を使います。自分の骨移植は、顎の下の骨をとり移植します。また、人口の骨とは、ハイドロキシアパタイトやリン酸カルシウムを使い、自分の骨を混ぜてから、骨移植をします。 骨の高さや幅が足りない場合は、GBR法という移植法を使います。 人口膜を使って骨を作るスペースをの確保をして、骨の量を増やします。充分な骨が再生されるまでには、約半年くらいかかります。 骨が出来ることによって、インプラントを入れることが可能となります。

インプラント治療は、自由診療となり健康保険は使えません。費用は、高額となってしまいます。 治療に入る前には、歯科医師と十分にどのような治療をして、期間はどのくらいかかるのか、費用についてなど話し合う必要があります。 骨移植をする場合には、インプラントを入れるための手術代のほかにその分の費用がかかることになります。 骨だけが痩せていて、幅だけ治すという場合は3万から10万くらいかかります。 GBR法の治療の場合は、3万から10万くらいとなります。 骨が広範囲に薄くなり骨がない場合には、骨をブロックで削って移植するという手術をすることになります。その場合は、5万から30万となります。 費用には、それぞれ幅がありますが手術の内容によって個人差があるので、大体の相場を知っておくとよいでしょう。